【結婚指輪】甲丸リングに槌目のオーダーメイド事例...

【結婚指輪】甲丸リングに槌目のオーダーメイド事例

 

 オーダーメイド内容

 ・結婚指輪:Luna(ルナ)

 ・素材:Pt900(プラチナ900)

 ・テクスチャー:槌目

 ・宝石:エメラルド

     ダイヤモンド

 ・刻印:レーザー刻印

 

 

St.Mariaのアトリエと同じ江戸川区内からお越し下さったお客様のオーダーメイド事例のご紹介です。

 

幅の太めと細めのプラチナ甲丸リング2本

 

結婚指輪と言って最初に皆さんがイメージするのは、横にまっすぐのデザイン、一文字と呼ばれている形状ではないでしょうか?

 

St.Mariaのアトリエでも一文字のデザインは、数パターンお作りしていますが、その中でも一番人気の一文字の甲丸リング。

 

甲丸リングとは指輪の断面が、かまぼこのように膨らみのある指輪の事を指します。

 

鏡面に磨いたプラチナの甲丸の結婚指輪

こちらは鏡面に磨いた、一文字の甲丸リング

 

甲丸リングは角が無いので、指にはめた時にも、ソフトでつけ心地の良い形状です。

 

 

そして、女性はPt900(プラチナ900)の3mm幅の甲丸リングに槌目のテクスチャーを選ばれました。

 

男性は同じ甲丸リングで、幅4mm、やはりテクスチャ―も槌目で、結婚指輪らしいセット感のある仕上がりになりました。

 

プラチナの甲丸リングに槌目のテクスチャーの結婚指輪ペア

女性は幅3mm、男性は幅4mmの甲丸リングに槌目のテクスチャー

 

槌目のテクスチャーが入った甲丸の結婚指輪ペア

 

こちらはSt.Mariaのアトリエで、『Luna(ルナ)』と言うシリーズ名でデザインした結婚指輪と同型になります。

 

結婚指輪「Luna (ルナ)詳しくはこちら

 

 

もちろん同じ甲丸リングで、テクスチャーは鏡面仕上げにする事も、スターダスト仕上げにする事も可能なのですが、槌目のテクスチャーは、鏡面仕上げの指輪より、若干ですが小傷が目立ちにくく、また小傷が付いても味わい深い、ビンテージ感あふれる指輪になっていきます。

 

 

先ほど形状としては、甲丸リングがアトリエでも一番人気とお話ししましたが、テクスチャーとしても槌目はSt.Maria のアトリエで一番人気のテクスチャーです。

 

槌目の艶を抑えられた品の良い味わいを楽しんで頂けたら、クラフトマンとしても非常に嬉しいです。

 

 

指輪内側にはレーザー刻印で記念日と、お二人の誕生石、エメラルドとダイヤモンドをそれぞれ2ピースずつお入れしました。

 

プラチナリング内側にエメラルドとダイヤとレーザー刻印

リング内側の誕生石や刻印は、指輪を外したとき、ちょっと嬉しくなりますよね。

 

指輪内側にお入れする宝石は、4点留め(4か所で石留)と呼ばれている方法で石留しています。

指輪内側に石留された誕生石エメラルドとダイヤモンド

4か所をタガネで石留していく「4点留め」

 

4点留めとは、先端が丸いくぼみのあるタガネと呼ぶ工具を使い、地金を寄せるように石留していく方法です。

 

爪を立ててはいませんので、地金の出っ張りも無く、石留しても滑らかです。

 

 

指輪内側の形状も、内甲丸と呼ばれる、指輪表面同様、角を落とした形状で滑らかですので、ご納品時には、お客様から「本当につけ心地が良くて、気持ちが良い」とのご感想を頂きました。

 

プラチナの甲丸リングをはめた男女のお客様の手

お客様の雰囲気にもピッタリでした。

 

永くご使用になられる結婚指輪ですから、アトリエでは特につけ心地の良さを大切に加工しています。

 

結婚指輪をはめた男女のお客様の手

 

 

また、お帰りになられてからメールで、「嬉しくて指輪を見ながらニヤニヤしています」のご連絡を頂き、作り手としても嬉しいかぎりです。

 

どうぞ末永くお幸せに。

 








制作事例一覧に戻る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)