婚約指輪・ダイヤモンドの選び方*COLOR(カラー)...

婚約指輪・ダイヤモンドの選び方*COLOR(カラー)

 

 

サンタマリアでは「ダイヤモンドについて」のページでも、

一通り簡単にCUT(カット)・COLOR(カラー)・

CLARITY(クラリティ―)・CARAT(カラット)

の4Cの説明をさせて頂いていますが、

皆さんが実際にダイヤモンドを購入しようと思った時、

予算の範囲内で、一番美しいダイヤモンドを選ぶ目安になるように

4Cのそれぞれ各項目ごとに、さらに詳しくお話ししていきます。

今回はその中の4Cの中の「COLOR(カラー)」についてより詳しくお話させて頂きます。

 

  目次

  1.【婚約指輪・ダイヤモンドのCOLOR(カラー)のランクの選び方】

  2.【ファンシーカラーダイヤモンドについて】

  3.【婚約指輪・ピンクダイヤモンドにあこがれている女性も】

 

 

***************

 

 

1.【婚約指輪・ダイヤモンドのCOLOR(カラー)のランクの選び方】

 

ダイヤモンド・カラーグレード表

 

ダイヤモンドの「COLOR(カラー)」のグレードにはD~Zの23段階があり、

最高評価のDに近くなるほど無色透明になります。

ダイヤモンドは一般的には、無色透明なほど価値が高いとされています。

 

特に「婚約指輪のダイヤモンド」として選ぶ際には、無色透明に近いほど、

「無垢な純粋さ」を感じさせることから、

「Colorless(無色)のD・E・F」や「Near colorless(ほぼ無色)の中の G」の

カラーランクのダイヤモンドを「婚約指輪のダイヤモンド」としてはおすすめします。

 

実際に他ショップでも「婚約指輪のダイヤモンド」としてはGカラー以上の

ランクをお勧めしているようです。

 

但し「Colorless(無色)のD・E・F」のダイヤモンドは「無色」と評価されるだけあって、

D・E・Fの中だけで言うならば、グレードが1つ程度の違いであるならば、

専門のグレーダー(鑑定士)でも判別するのが困難だと言われるほどになり、

肉眼ではその違いはほぼ見分けがつかないくらいのレベルになってきます。

それなのでカラーグレードの評価を決定する際には、二人以上のグレーダーの合意(一致)によって判断されていきます。

 

一般的なダイヤモンドの多くは、ほんのわずかな黄色が付いている場合も多いので、

無色透明というのはとても珍しく、それだけに高い希少価値があるもの

として扱われています。

原子配列が整っていて、なおかつ含まれる不純物が少ない状態のダイヤモンドが、

無色透明のダイヤモンドとなります。

 

 

一応ここまでが婚約指輪の一般的なダイヤモンドの選び方です。

特にダイヤモンドを初めて購入される方におすすめです。

 

 

***************

 

 

2.【ファンシーカラーダイヤモンドについて】

 

ただし、ダイヤモンドは無色でなく色がついていると価値がすべて低いのかというと、

必ずしもそういうわけでもありません。

例えば、Zに近づくほど黄色味が強くなっていきますが、

Z評価を超える独特の鮮やかな色合いを持つダイヤモンドは

「ファンシーカラーダイヤモンド」と呼ばれ、希少性も増します。

D~Z評価の間だと無色透明~黄色のいずれかの色しか発色しませんが、

ファンシーカラーダイヤモンドとなるとイエローだけでなく、

レッド・ピンク・オレンジ・ブルー・グリーン・パープル・ブラウン・ブラック

などといった、すべての色が揃っています。

 

通常のダイヤモンドにホウ素が混ざることでブルーに、

窒素が混ざることによってイエローに、

鉄やグラファイトが混ざることでブラック、という風に不純物が混ざることで、

独特の魅力をもつファンシーカラーダイヤモンドに変化します。

 

ファンシーカラーダイヤモンドの希少さは、

世界的な宝石研究機関であるGIAの調査によれば、

1万個のダイヤモンドのうち1個の割合でカラーダイヤモンドが見つかると言われるほどです。

 

そして、同じダイヤモンドでもそれぞれの色によって価値の高さは様々です。

イエロー・ブラウン・ブラックは産出されやすい色のため、

比較的安価で取引されています。

 

 

***************

 

 

3.【婚約指輪・ピンクダイヤモンドにあこがれている女性も】

 

逆に、ピンク・レッド・ブルー・グリーンは比較的に産出される数が少ないため、

その希少価値はとても高く、当然値段も高額になってきます。

 

その中でも特にピンクダイヤモンドは採取できる数が少なく、

世界中に存在するダイヤモンドの内、0.1%ほどの量しか出回っていないそうです。

ピンクダイヤモンドの可愛らしい色合いは若い女性からも人気が高く、

婚約指輪にピンクダイヤモンドをちりばめたいとあこがれている方も多いです。

現在、ピンクダイヤモンドの9割以上を産出しているオーストラリアの「アーガイルダイヤモンド鉱山」という所ですが、

こちらは2020年をもって閉鎖されるということが発表されており、

今後その価値がさらに高くなっていくことが予想されます。

 

 

このようにファンシーカラーダイヤモンドというのは、通常のダイヤモンド以上に希少な場合もあります。

 

「ピンクダイヤモンドについて」くわしくは、こちらから

 

 

そして婚約指輪のダイヤモンドとして、純粋無垢な雰囲気を好む方は無色のダイヤモンドを、

個性的な婚約指輪が良いと思われている方はカラーダイヤモンドをという風に、

一番はお客様にとって気に入って一生大切にしたくなるお気に入りのダイヤモンドを選んで頂ければと思います。

 

 

ダイヤモンドが留められた婚約指輪や結婚指輪が、お二人の結婚生活の幸せの象徴となってくれるように、

サンタマリアでは、ダイヤモンド選びについてもお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

 

 

***4Cの他の項目については下記をご参照ください。***

 

婚約指輪・ダイヤモンドの選び方*CARAT(キャラット)についてはこちら

婚約指輪・ダイヤモンドの選び方*CLARITY(クラリティ)についてはこちら

婚約指輪・ダイヤモンドの選び方*CUT(カット)についてはこちら

 

 

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

 *一組様ごとの予約制

 *専用駐車場有

 *ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00(火曜休)

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから

________________

 






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)