【ご結婚10周年】サプライズでフルエタニティリングをオーダーメイド...

【ご結婚10周年】サプライズでフルエタニティリングをオーダーメイド

 

 オーダーメイド事例

 ・セミオーダーメイド

 ・指輪デザイン:Grano di fiore (グラノディフィオレ)

 ・素材:Pt900(プラチナ900)

 ・宝石:ダイヤモンド

 

サンタマリアのアトリエと同じ江戸川区内にお住いの男性お客様からのオーダーメイド事例のご紹介です。

 

Pt900のメレーダイヤモンドとミルグレインのフルエタニティリング

指輪全周、同じデザインのフルエタニティリング「グラノディフィオーレ」

 

ご結婚10周年という事で、サプライズプレゼントをお考えになられ、奥様が常日頃からフルエタニティリングに憧れていた事を思い出したとの事でした。

 

フルエタニティリングとは指輪全周に渡り、均等にダイヤモンドをお入れする指輪の事です。

 

それなので、指輪のサイズが、ぴったりになるように、最初から調整しながら加工をする必要があります。

 

 

でも当然のことながら、奥様の指輪サイズをご主人様はご存じのはずもなく、かといってサプライズプレゼントなので奥様にサイズを聞くわけにもいかず・・・。

 

そこで、奥様がいつも使われているファッションリングを奥様の宝石箱からこっそりお持ち頂きました。

 

その場でファッションリングのサイズを測り、すぐにそのリングはお持ち帰り頂き、又こっそりと宝石箱に戻して頂きましたが、一瞬でも、奥様が指輪が無いことに気がつかれたらと、ちょっとヒヤヒヤでした。

 

 

でもそうやってサイズを測り、お作りしたフルエタニティリングは、「サイズもぴったりで、妻にもとても喜んでもらえました」と、プレゼント後、メールでご連絡をくださいました。

 

 

ご主人様の選ばれたフルエタニティリングのデザインは、イタリア語で花の粒を意味する「グラノディフィオーレ」。

 

ミルグレインを施した丸く地金が連なるデザインで、その中央にはメレ―ダイヤモンドをそれぞれ玉留めしています。

 

ミルグレインとメレ―ダイヤモンドの石留のアップ

引っ掛かりのない加工方法が、普段使いにもピッタリです

 

ミルグレインとはタガネと呼ばれている工具の先端が半丸の形に凹でいて、それを一つ一つ、金槌で打ち付ける事によって丸い粒々を入れていく古くからの伝統技法です。

 

また玉留めとは、メレ―ダイヤモンドの周りの地金をタガネで寄せていく事で、石留していきます。

 

 

地金で爪を立てたりしていないので、引っ掛かりも無く、普段使いもしやすい指輪になります。

 

「Grano di fiore(グラノディフィオーレ)」詳しくはこちら

 

 

フルエタニティリングは多くの女性のあこがれの指輪なので、宝飾店などでもお取り扱いはありますが、指輪サイズが合わない事の方が多いので、ぜひオーダーメイドをご活用ください。

 

オルゴール付きリングケースに入ったプラチナのフルエタニティリング

リビングなどに置いてオルゴールやリングトレーとしてお楽しみください

 

今回も、St.Maria(サンタマリア)スタッフが自分たちで手作りしている手回しのオルゴール付きリングケースにお入れし、ご納品させて頂きました。

 

オルゴールとして楽しみつつ、お炊事などで、ちょっと指輪を外したい時などにも、リングトレーとしてお使い頂けたら嬉しいです。

 








制作事例一覧に戻る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)