結婚指輪のオーダーメイド・TesoroとPreghiera...

結婚指輪のオーダーメイド・TesoroとPreghiera

  オーダーメイド内容

 ・結婚指輪:Tesoro(テゾーロ)

      :Preghiera(プリゲーラ)

 ・素材:K18PG(18金ピンクゴールド)

    :Pt900(プラチナ900)

 ・テクスチャ―:鏡面仕上げ・ホーニング加工

 

 

今回はグーグルからホームページをご覧になり、千葉県千葉市からお二人でお越し下さったお客様の結婚指輪オーダーメイド事例のご紹介です。

 

お二人ともそれぞれにご自身らしい個性が感じられる結婚指輪をお探しとのことで、シンプルなものよりも、他の人が持っていないような個性的なデザインの結婚指輪が良いと思われているようでした。

 

たくさんのショップをご覧になったようですが、ピンとくるものが中々見つからなかったとの事で、探しに探して私たちSt.Maria(サンタマリア)のアトリエにお越しくださいました。

またご結婚を2ヶ月後に控えているとのことで、それまでに間に合うようにお作りして欲しいとのことでした。

 

女性は「Tesoro(テゾーロ)」のサンプルリングをご覧になった瞬間、ピピっと来たようで、今までたくさん探されていたのが不思議なくらい、あっという間にデザインが決定となりました。

 

粒が連なり王冠のように見えるピンクゴールドの指輪

K18PG「Tesoro(テゾーロ)」

 

テゾーロとはイタリア語で「宝物」という意味があります。

 

全周に丸い大きめの粒と小さな粒を連になるように並んだ王冠を思わせるデザインで、アンティークな雰囲気を醸し出した、独特の魅力がある結婚指輪です。

優しく繊細な見た目ですが、リング幅は2.6mmで厚みはおよそ2mmと地金をしっかりと使い、とろっとした質感の着け心地になっています。

 

素材はイエローゴールド(K18YG)とピンクゴールド(K18PG)のどちらにしようかと少しだけ迷われていましたが、表面の粒と合わさって淡く優しげで可愛らしいK18PGをお選びになりました。

 

 

 

男性は「祈り」という意味の「Preghiera(プリゲーラ)」をお選びになり、17号でお作りしました。

 

リングの表面に十字架をイメージしたクロスの溝をいれ、ラフな雰囲気を前面に出しつつも教会を連想させる結婚指輪です。

 

十字架のように十字に溝のあるプラチナリング

Pt900「Preghiera(プリゲーラ)」

 

溝部分にはホーニング加工を行うことであえてツヤを消し、鏡面仕上げになっている表面部分とのメリハリをつけたデザインになっています。

プラチナリングに入った十字架のような十字の溝と溝部分のつや消し加工

十字の溝部分は「ホーニング」と言うツヤ消し加工でメリハリをつけています

 

リング幅は3.8mmで、厚みはおよそ2mmと男性ものらしくがっしりと頑丈な作りです。

 

素材はプラチナ(Pt900)、フォルムもシャープなので、キリっとした雰囲気がありますが、普段使いするのにも、お仕事中でも邪魔になりません。

 

また使い込んでいく事で、小傷がつき、さらにカッコいい指輪になっていくと思います。

 

十字架のようなくぼみのプラチナリングと王冠のようなピンクゴールドのリング

 

ご納品の際にはお客様から、「指輪の重みから高級感を感じる」「たくさんのデザインを探した甲斐がありました」と、デザイナー&クラフトマンとして、とても嬉しいお言葉を頂きました。

 

私たちサンタマリアでは、お客様のお好みに合わせ、サンプルリングを元にリング幅や厚みの調整、石留めする宝石を増やしたり減らしたりなど、様々な微調整を施してお客様にお届けすることも可能です。

 

オーダーメイドならではの結婚指輪・婚約指輪、どうぞご満足のいく、お二人だけのオリジナルのカスタマイズをなさってみて下さい。

 

サンタマリアのアトリエでは、お二人のご要望を最大限生かすためのお手伝いをさせて頂いております。








制作事例一覧に戻る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)