ヤスリ目とレーザー刻印文字の結婚指輪...

ヤスリ目とレーザー刻印文字の結婚指輪

 オーダーメイド内容

 ・結婚指輪:『プーロ(Puro)』

 ・結婚指輪:『アバンティ(Avanti)』

 ・素材:プラチナ(Pt900) イエローゴールド(K18YG)

 ・宝石:ダイヤモンド

 

以前に、オーダーメイドでお作りしたものを少しずつ、ご紹介しています。

今日はセミオーダーメイドでお作りした結婚指輪についてです。

金に文字が入った指輪とシルバーの結婚指輪

 

女性の結婚指輪は、形としては甲丸で、ストレート(一文字)と呼ばれています。

「Puro(プーロ)」を元にお客様のお好みでアレンジしました。

ストレートの結婚指輪は、結婚指輪の代表的な、最も多くの方が選ばれている形です。

ストレートの指輪だけでも石の留め方、石の配置の仕方、石の大きさで、雰囲気も全く異なったものになります。

レーザー文字とダイヤモンドが入った金の結婚指輪

 

こちらの結婚指輪はリング中央に3ピースのダイヤモンドを、それぞれ4か所で留め、

両脇にレーザー刻印で文字をお入れしました。

 

このダイヤモンドの石留めの仕方を「玉留め」、そして玉留めの中でも4点留め、といいます。

 

加工方法としては、地金にダイヤモンドの大きさに合わせ下穴を開け、

魚子(ナナコ)タガネという工具で地金を叩いて留めていきます。

 

地金で爪を立ててはいないので、爪の出っ張りも無く、引っ掛かりの心配もありませんので、

日常使いする指輪にもピッタリです。

 

指輪の内側に誕生石などの、宝石を埋め込みたいときにも、用いられる留め方です。

 

こちらは4点(4か所)で留めましたが、2点でも、3点でも、あるいは4点以上でも留める事が可能です。

何点で留めるか、また留めていく位置によっても、指輪の印象に大きく影響します。

 

ただし、

細い指輪に対して、大き過ぎる宝石を留めると、留める前にダイヤモンドを置くための下穴を開ける理由から、指輪自体の強度が落ちる可能性が出てきてしまいます。

または、厚みがうすい指輪ですとダイヤモンドのキューレットが指にあたってしまう可能性もあります。

 

そういう意味で、「指輪の巾」「指輪の厚み」と「留める宝石の大きさ」とのバランスが大切です。

指輪に対して、最適な宝石の大きさは、オーダーメイド時にご相談ください。

 

 

 

そして、男性の結婚指輪は、「Avanti (アバンティ)」というデザインをお選びいただきました。

「Avanti」は指輪表面の矢のように、細かくヤスリ目を刻み、手作りならではの味わいがある男性にも人気の指輪です。

 

矢のようにヤスリ目を入れた結婚指輪

 

St.Mariaのアトリエでは、今回のカップルの方のように、それぞれお好きなデザインをお選びになるケースが多く、

そう言う結婚指輪の在り方も素敵だなと思います。

 

 

 








制作事例一覧に戻る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)