左手薬指の習慣...

左手薬指の習慣

なぜ結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)は左手薬指につけるのでしょうか?

結婚指輪の発祥は古代ギリシャ。古代ギリシャでは左手薬指の血管は心臓とつながっていると考えられていたので、心と心をつなぐ意味合いから左手薬指にはめ、それが徐々に普及していき一般的になり、日本でも当たり前のように、結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)は左手薬指につけるようになりました。

それなので、左手薬指に指輪をしているだけで、言葉にしなくても「結婚しています」と宣言しているようになってしまうので、彼氏、彼女を募集中の方はくれぐれもご注意を・・・。行動と気持ちがバラバラに・・・汗(;’∀’)

 

また結婚前のカップルの方のペアリングは右側につけている場合が多いそうです。

きっと結婚するまでは、左手薬指に指輪をはめるのは神聖な指として取っておくのでしょうね。

結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)を左手薬指につけると、何か作業するとき多くの方は右利きなので、作業の邪魔にならないというメリットもありますね。

 

でも実は、結婚指輪を右手につけるのが習慣になっている国もあります。

ドイツ、オーストラリア、ロシア等の北欧では右手につける習慣が残っています。

結婚指輪は左手薬指が当たり前と思っている私たちにとっては、ちょっとびっくりですね。Σ(・□・;)

 

また結婚式当日は、婚約指輪は右手薬指につけておきます。

結婚式のとき左手薬指で結婚指輪の交換を行うのに邪魔にならないためです。

結婚式後からは左手の結婚指輪の上に婚約指輪を重ねてセットリングとして楽しんでください。

 

 

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

 *一組様ごとの予約制

 *専用駐車場有

 *ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00(火曜休)

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから

________________

 






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)