stmariaロゴ

金属アレルギーについて...

金属アレルギーについて

 

 

結婚指輪や婚約指輪をご購入される際に、

金属アレルギーについてお悩みになるお客様も中にはいらっしゃるかと思います。

 

指輪をしていて指が痒くなったり、

皮膚が赤くなってしまう事態は誰しも避けたい事ですよね。

 

そんな方のために、今回は金属アレルギーが起きる原因や、

対処法についてお伝えさせて頂きます。

 

 

 目次

 1.金属アレルギーが起こる理由

 2.アレルギーの起きやすい金属・起きにくい金属

 3.金属アレルギーが不安な方は

 

 

****************

 

 

1.金属アレルギーが起こる理由

 

そもそもなぜ金属アレルギーが起こるのかというと、

金属は直接肌に着けていると汗などが原因で、

水分に溶け出してしまいます。

 

そして溶け出した金属が皮膚に含まれるタンパク質と結合し、

それを異物と判断した免疫機能が、防御しようとするために、

金属アレルギーが起きてしまいます。

 

それなので特に汗を多くかく夏は、

金属アレルギーが起きやすい季節でもあります。

 

****************

 

 

2.アレルギーの起きやすい金属・起きにくい金属

 

金属にも様々な種類がありますが、

アレルギーを発症しやすい金属を挙げていくと、

「水銀」「ニッケル」「錫(すず)」「クロム」「アルミニウム」

といった金属があります。

 

その中でも水銀は最もアレルギー反応が起きやすい金属です。

 

ニッケルは貴金属に合金として使われている場合もあるため、

購入前の結婚指輪や婚約指輪に使われていないか、

確認が必要です。

 

では逆に、発症しにくい金属は何かと言うと、

「プラチナ」「金」「銀」「ステンレス」「チタン」「タンタル」

などが挙げられます。

 

結婚指輪や婚約指輪にも使われるプラチナは、

主に「Pt900」と「Pt950」がありますが、

よりアレルギーが起きにくいのはPt950です。

 

金の種類には、

「イエローゴールド」「ピンクゴールド」「ホワイトゴールド」

がありますが、

特に18金イエローゴールドは比較的、

金属アレルギーが出にくい傾向にあるようです。

 

****************

 

 

3.金属アレルギーが不安な方は

 

もしも結婚指輪や婚約指輪をご購入される前の段階で、

金属アレルギーがご心配でしたら、

「パッチテスト」を受けておくのも良いと思います。

 

パッチテストとは、試薬を含ませた絆創膏を、

背中などの皮膚に貼り、

それによって皮膚に変化が起きないかを調べる検査です。

 

主に皮膚科で受けることが出来ますので、

金属アレルギーに不安をお持ちの方は、

受診されてみてはいかがでしょうか?

 

少々手間の掛かる事かもしれませんが、

これから結婚指輪や婚約指輪をご購入される方々にとって、

アレルギーを避けた金属の種類で、オーダーメイドする事が出来ます。

 

いつも指にはめておく結婚指輪ですので、

安心してお使いいただけるのが一番ですね。

 

 

_____________________

結婚指輪*婚約指輪*オーダーメイドブランド

St.Maria(サンタマリア)

東京都江戸川区北小岩8-11-11

TEL    03-5876-7030

OPEN  10:00~19:00(火曜定休)

*専用駐車場有

*1組様ごとの予約制

*ZOOM相談可

_____________________






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)