結婚指輪と婚約指輪の違いについて...

結婚指輪と婚約指輪の違いについて

「結婚指輪」と「婚約指輪」どちらも結婚に関わる指輪ですが、具体的にどのような違いがあるのか、ご存じでしょうか?

 

同じ指輪ではありますが、購入する理由やデザインは全く違う物だったりします。

 

今回は原点に戻って、結婚指輪と婚約指輪の購入するタイミングやデザイン、意味合いなどそれぞれが持つ特徴などについて、お話出来ればと思います。

 

  目次

 1.結婚指輪とは

 2.婚約指輪とは

 3.セットリングとは

 

****************

 

 

1.結婚指輪とは

 

花冠デザインのプラチナの結婚指輪

 

結婚指輪は「マリッジリング」とも呼ばれ、恋人同士が結婚した証として、愛の象徴という意味も込めて身に着ける指輪です。

 

結婚式で新郎新婦がお互いに結婚指輪を交換し合うという場面や、お話は聞いたことがある方も多いと思います。

 

結婚指輪は基本的には結婚後、毎日身に着ける方が多く、それに合わせて生活に支障が出ないように、スッキリとまとまったデザインが多いことが特徴です。

 

購入するタイミングは、結婚式前にペアで購入する場合がほとんどですが、この時期については、絶対にそうしなければいけない、というルールがあるわけではありません。

 

急きょ結婚式を挙げることになったカップルや、結婚式を行わないカップルもいらっしゃるため、お二人が後悔せず、心から大切にできる結婚指輪を、それぞれの状況に合わせたタイミングで、お選びになるのが良いと思います。

 

結婚指輪の費用に関しては、それぞれが負担する場合もあり、男性が2本共に負担する場合もあり、これも特に決まったルールというのはなく、ケースバイケースです。

 

結婚指輪一覧はこちら

 

****************

 

 

2.婚約指輪とは

 

中心にダイヤモンドが石留された婚約指輪

 

婚約指輪は「エンゲージリング」とも呼ばれる、男性から女性に対して結婚を約束する証として贈られる指輪です。

それなので婚約指輪の費用は、男性側が持つ場合がほとんどです。

 

デザインは結婚指輪のデザインとは異なり、センターに大きめのダイヤモンドが一粒あしらわれているソリテールと呼ばれているデザインが一番人気で、主流になっています。

ダイヤモンドが華やかなで、凝ったデザインが多いことが特徴です。

 

購入されるタイミングとしては、男性が女性にプロポーズをする時や、正式な婚約の儀式である「結納」が行われる前などに、購入される場合が多いです。

 

結婚指輪と違い、日常生活で使われる機会が少ないと一見思われがちで、購入しないカップルの方も中にはいらっしゃいます。

しかし実際には、約6割の男性が婚約指輪を贈ると言われています。

 

婚約指輪一覧はこちら

 

****************

 

 

3.セットリングとは

 

ダイヤモンドの入った婚約指輪とメレーダイヤが石留された結婚指輪のセット

 

最近では結婚指輪と組み合わせて、「セットリング」という形で重ねづけして、日常使いされる方も増えてきています。

 

セットリングは組み合わせ方によって、単体で使う時とは、全く違った雰囲気で楽しむ事も出来ます。

そのように、楽しみの巾が広がるのがセットリングの良い所です。

 

実際に指にはめてみて、お気に入りの組み合わせを是非見つけてみて下さい。

 

セットリング一覧はこちら

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

 *一組様ごとの予約制

 *専用駐車場有

 *ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00(火曜休)

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから

________________

 






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)