私が結婚指輪「コロッラ」を作った理由...

私が結婚指輪「コロッラ」を作った理由

サンタマリアのデザイナー&クラフトマンの関美奈子です。

私たちのアトリエで人気の結婚指輪「Corolla(コロッラ)」。

コロッラとはイタリア語で「花冠」を意味します。

今回は、この花冠の「コロッラ」をデザインした理由をお話したいと思います。

 

ヤマハハコの花冠を両手で持っている

 

  目次

 1.ブーケとコロッラ(花冠)

 2.サンタマリアの花冠「コロッラ」

 

****************

 

 

1.ブーケとコロッラ(花冠)

 

皆さんは、結婚式のとき何故お花を束ねたブーケを持つのかご存じでしょうか?

また男性の胸に何故お花が挿してあるかご存じですか?

これには、実は深い歴史があります。

 

さかのぼること中世ヨーロッパ、青年が彼女のもとに向かう道すがら、野に咲くお花を一輪ずつ摘みながら、彼女のもとへ向かい、彼女のもとにつく頃には、お花が大きな花束となり、その花束を渡して、彼女にプロポーズしたと言う言い伝えがあります。

 

そして、その花束を受け取った女性は、プロボーズをお受けしました、という意味を込めて、

花束の中から、一輪のお花を取り出し、青年の胸にそっと挿したと言われています。

 

これが結婚式で、新婦が持つブーケ、新郎が胸に挿すブートニアの元になったと言われています。

「ブーケ」とは、フランス語で「花束」と言う意味なのは、皆さんご存じかと思いますが・・・。

 

そしてその「ブーケ」よりも、もっと古い時代には、

新婦はたくさんのお花から「花冠」を作り、白いドレスを身にまとい、一生の約束を交わしました。

 

まるで、中世の映画のワンシーンに出てきそうな程、ロマンティックですよね。

そんなロマンティックなプロポーズの言い伝えから、イメージを膨らませデザイン&加工したのが「Corolla(コロッラ)」。

「コロッラ」はイタリア語なのですが、訳すと「花冠」と言う意味です。

 

 

結婚指輪や婚約指輪を専門に作っているジュエリーデザイナー&クラフトマンの私が、「コロッラ」はどうしても作りたいと思った理由が、これでよくお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

 

※ちなみに中世の頃のブーケ・ブートニア・コロッラの花材は、ハーブ・ギンバイカ・オレンジの花などが人気でした。

女性がカモミールを持っている

ハーブの中でも代表的なカモミール

 

濃い緑の葉にギンバイカの花が咲いている

銀梅花(ギンバイカ)

 

黄緑色の葉に白いミカンの花

オレンジ(みかん)の花

 

● ハーブは=魔除け、厄除け

● 白花は=純潔

● オレンジの花=子孫繁栄(実がなることから)

 

の意味があるそうです。

野に咲きそうな、優しげなお花ばかりですね。

 

****************

 

 

 

2.サンタマリアの花冠「Corolla(コロッラ)」

 

St.Mariaのコロッラも、もちろん、そんな野に咲くお花・草原のお花のイメージで可憐な雰囲気で作っています。

細かい部分までじっくり見て頂けたらとっても嬉しいです。

お花のデザインの結婚指輪コロッラ

Corolla No.1 ・一番シンプルなコロッラ

Corolla No.1 詳しくはこちら

 

プラチナの結婚指輪コロッラのセット

Corolla No.2 ・ ダイヤモンドの入ったタイプのコロッラ&シャープなコロッラ

Corolla No.2 詳しくはこちら

 

結婚指輪コロッラの中央部分がクロスしたデザイン

Corolla No.3 ・ いくつかのコロッラの中で、一番大きいタイプ

Corolla No.3 詳しくはこちら

 

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

*一組様ごとの予約制

*専用駐車場有

*ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00 /火曜休

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)