結婚記念日におススメのプレゼント・月桂樹の指輪...

結婚記念日におススメのプレゼント・月桂樹の指輪

  目次

  1.もらって嬉しい結婚記念日プレゼント

  2.結婚記念日に月桂樹の冠の指輪

  3.月桂樹の冠とは?

  4.月桂樹の冠の始まり

 

 

 

 

****************

 

 

1.もらって嬉しい結婚記念日のプレゼント

 

「結婚記念日」に、いつも頑張ってくれている奥様に、何かプレゼントをと考えている男性に!!

結婚記念日にプレゼントされて嬉しい物の第一位って何かご存じでしょうか?

第一位は、ずばりジュエリーだそうです。

プラチナにダイヤモンドのペンダント

もらって嬉しいプレゼント第一位は、やっぱり「ジュエリー」

 

 

ちなみに第二位は花束!!

濃いピンクや薄いピンクのバラの花束

結婚記念日にもらって嬉しい第2位は「花束」

 

例えばキッチン道具やお掃除道具などの日常を感じさせるアイテムより、非日常的なロマンティックで、美しい物をプレゼントされたいと奥様方は思っているとの事。

 

もちろん毎年毎年、ジュエリーをプレゼントというのはちょっと大変かもしれません。

 

いつものプレゼントは、花束でも良いかもしれません・・・。花束も確かにすごく素敵ですから・・・。

 

でもジュエリーでしたら、ずっと長い間、お花のように枯れる事もなく残るので、結婚記念日にふさわしいプレゼントになります。

 

例えば、結婚10周年記念、20周年記念、30周年記念・・・と結婚記念日の中でも、特別な区切りの年数の時には、日頃の感謝を込めて「ジュエリーをプレゼント」も良いのではないでしょうか?

 

きっと喜ばれると思います。なんせ、結婚記念日にもらって嬉しいプレゼント第一位ですから・・・。

 

そんな時、どんなデザインのジュエリーを贈ろうかと迷ってしまう場合には、月桂樹の指輪とか、いかがかなあとジュエリーデザイナーとしては思ったりもします。

 

なぜ月桂樹の指輪なのかというと、日ごろ頑張ってくれている手への勲章的な意味合いから、そんなデザインも素敵なのではないかと思っています。

 

手は働き者ですからね・・・。

 

****************

 

 

2.結婚記念日に月桂樹の冠の指輪

 

お仕事であれプライベートであれ、何かのために努力を続けてきたその人はとても素敵ですし、努力の為に使ってきたその手も、勲章だと思います。

 

それなので、St.Mariaでは結婚記念日にプレゼントするジュエリーとして、感謝のしるしやお祝いとして、月桂樹をモチーフにした指輪やペンダントなどのジュエリーをお作りしています。

18金で作った月桂樹デザインの指輪

一番細い月桂樹(ローレル)の指輪

プラチナの月桂樹デザインの指輪 プラチナでお作りした中くらいの巾の月桂樹の指輪

ピンクトルマリンのペンダント

月桂樹デザインのピンクトルマリンペンダント

ピンクゴールドとトルマリンの指輪

月桂樹と色石でデザインした指輪

 

私たちのアトリエは、オーダーメイドのアトリエなので、お持ちの宝石(ルース)などを使用し、月桂樹のデザインにすることも可能です。

もちろん結婚記念日だけではなく、入社祝い、退社祝い、成人式、等のお祝いのジュエリーとしても、月桂樹は素敵なのではないでしょうか?

ジュエリーデザイナーでもあり、クラフトマンでもあるスタッフが、画像には無いようデザインでも、ご要望に合わせオーダーメイドでお作りさせて頂きますので、どうぞご相談ください。

また、月桂樹(ローレル)の冠の事も、下記の3と4に書いてみましたので、ぜひ読んでみて下さい。

 

****************

 

 

3.月桂樹の冠とは

 

テーブルに置かれた月桂樹の冠

月桂樹(ローレル)

月桂樹の葉っぱ(ローリエ)を編み、輪の形(リース)にして頭に置く冠。

 

日常生活ではあまり見かけることがないかもしれませんが、絵画や文献などでイエス・キリストなどの人物が、月桂冠をかぶっている姿を一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

月桂冠は「栄光のシンボル」とされ、大会などの優勝者に勝利の証として贈られたりしています。

 

テレビなどでも見る機会があるかもしれませんね。

 

栄光や勝利という意味合いを持つ月桂樹は、なにか大きなことを成し遂げた人にとって、とても縁起の良い植物です。

 

ちなみに誤解されやすい葉の冠として、オリンピックなどのスポーツで贈られるのは月桂樹ではなくオリーブの冠だそうです。

 

どちらかというとオリーブの冠はスポーツ系の勝者、芸術系の勝者には月桂樹を贈ることが多いようです。

 

****************

 

 

4.月桂樹の冠の始まり

 

月桂樹の冠の始まりは古代ギリシャの「ピューディア祭」です。

 

このお祭りは四大競技大祭の一つで、ギリシャ神の一人であるアポロンを称えることを目的に、音楽や詩・演劇といった芸術面での競技大会が行われました。

 

そのお祭りでの優勝者に贈られたのが月桂樹の葉で作られた冠「月桂冠」です。

 

月桂樹がアポロンの聖樹でもあったことから、この葉で冠が作られたそうです。

 

その文化が現在までも続いていて、企業や学校などで表彰される際に贈られるトロフィーや盾などにも、月桂冠のモチーフが描かれています。

 

贈る相手の栄誉を称える方法として、月桂冠が象徴となった記念品が今でも多く作られていて、その人の偉大さを強調させるアイテムにもなっています。

 

 

如何でしょうか?

月桂樹の冠のデザインは、結婚記念日やその他、成人のお祝い、入社退社のお祝いの贈り物にも、ぴったりなのではないでしょうか・・・。

結婚指輪・婚約指輪・記念日・結婚記念日・成人式などにも、月桂樹のデザインを特注でオーダーメイドしてみませんか?

経験を積んだジュエリーデザイナーであり、クラフトマンでもあるサンタマリアのスタッフが、直接ご相談をお受けしています。

 

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

*一組様ごとの予約制

*専用駐車場有

*ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00 /火曜休

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)