8月の誕生石その2・「サードオニキス」について...

8月の誕生石その2・「サードオニキス」について

8月に入り、より夏らしい気候になってきました。

 

世間ではまたもやコロナウィルスの感染が拡大し、以前以上の拡大状況になってしまいましたね。

St.Maria(サンタマリア)のアトリエでは、備品等の消毒を徹底し、同時刻一組様限定でのご対応とし、コロナウィルス対策に当たっています。

 

さて8月の誕生石には「ペリドット」「スピネル」そしてもう一つ、「サードオニキス」があります。

今回はこの「サードオニキス」ついてお話しようと思います。

 

 目次

 1.サードオニキスとは

 2.サードオニキスの歴史

 3.サードオニキスの産地

 4.サードオニキスの硬度と性質

 5.サードオニキスの石言葉

 

 

****************

 

 

1.サードオニキスとは

 

サードオニキスは、赤色あるいはオレンジ・茶色と白色の縞模様が特徴的な、鮮やかで明るい雰囲気を感じさせる美しい宝石です。

 

縞模様が入った赤い宝石のサードニクス

縞模様が特徴のサードオニキス

 

和名は「赤縞瑪瑙(あかしまめのう)」、もしくは「紅縞瑪瑙(べにしまめのう)」と呼ばれます。

 

サードオニキスは、鉱物としては水晶の変種で、「アゲート(瑪瑙)」の一種とされています。

サードオニキスと見た目の色が似ている「カーネリアン」という名前の宝石がありますが、実はどちらも成分的には水晶とほぼ同じだと言われています。

縞模様の無い赤い宝石カーネリアン

こちらは縞模様の無い、カーネリアン

 

そして縞模様があるものを「アゲート」と呼び、さらにその中に「サードオニキス」と呼ばれている宝石があります。

一方、模様がない物は「カルセドニー(玉髄)」と呼び、その中で赤あるいはオレンジ色のものが「カーネリアン」と呼ばれています。

 

  • 半透明で模様があるもの→「アゲート」→その中に「サードオニキス」がある
  • 半透明で模様が無い物→「カルセドニー」→その中に「カーネリアン」がある

 

****************

 

 

2.サードオニキスの歴史

 

サードオニキスは古くから、宝石として歴史に登場しており、聖書でもその名前が確認できます。

 

新約聖書に登場する「エルサレムの城」には12の城門があり、門の柱にはそれぞれ違った宝石が埋め込まれているのですが、そのうちの一つにサードオニキスが使われているという言い伝えがあります。

 

またそのほかにも古代エジプトや古代ローマでは、カメオ(浮き彫りが施された装飾品)を作る時の材料にサードオニキスが使われていたそうです。

戦いに向かうローマの兵士たちが、お守りとしてサードオニキスで作られたカメオのリングを身に着けていたり、溶けたロウに印を押すための印章として使われたりしていました。

 

またサードオニキスという名前の由来は、ギリシャ語で「赤」もしくは「茶色」という意味の「Sard(サード)」と、「爪」もしくは「縞模様」という意味の「Onyx(オニキス)」を合わせたことでこの名が付いたと言われています。

 

****************

 

 

3.サードオニキスの産地

 

サードオニキスの産地には、ブラジル・インド・中国・ドイツ・ウルグアイ・アメリカ・マダガスカル・チェコスロバキアなどがあります。

 

その中でも主となっているのは、ブラジル・インド・中国・ウルグアイで、特にインド産のサードオニキスは色のコントラストが綺麗なことで知られており、人気があります。

 

****************

 

 

4.サードオニキスの硬度と性質

 

サードオニキスのモース硬度は6.5~7です。

これはガラスや鋼鉄などに傷をつけることが出来る硬さで、クォーツ(石英)などとほぼ同等の丈夫さを持つ宝石ということになります。

 

またサードオニキスのお手入れとしては、超音波洗浄には弱いため使用せず、柔らかい布を使って優しく丁寧に汚れを拭き取ります。

それでも汚れが落ちない場合には、ぬるま湯に石鹸を付けて柔らかめのブラシを使って洗い、終わったら水分はよく拭いておくようにしましょう。

 

そのほかにも、サードオニキスは紫外線に弱く退色の恐れがあるため、保管する際には直射日光が当たる場所は避けることが大切です。

 

****************

 

 

5.サードオニキスの石言葉

 

サードオニキスには、「幸せな結婚」「夫婦和合」「結婚運」といった石言葉が込められています。

まさにどの言葉も、これからご結婚されるお二人にとってピッタリで、ずっと仲良く過ごしたいという思いに寄り添い、優しく見守ってくれる宝石です。

 

結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドしたいと思われている8月生まれの方は、ペリドットやスピネルだけでなく、サードオニキスを石留めしても素敵ではないでしょうか。

 

指輪の表面や裏側に石留する事も可能です。

 

こんな素敵な石言葉なら、きっとこれからの結婚生活を、楽しく素敵に彩ってくれそうですね。

 

 

 

***他の誕生石については下記をご覧ください***

 

1月の誕生石ガーネットについて

2月の誕生石アメシストについて

2月の誕生石その2・クリソベリルキャッツアイについて

3月の誕生石アクアマリンについて

3月の誕生石その2・アイオライトについて

3月の誕生石その3・ブラッドストーンについて

3月の誕生石その4・珊瑚について

4月の誕生石ダイヤモンドについて

4月の誕生石その2・モルガナイトについて

5月の誕生石エメラルドについて

5月の誕生石その2・翡翠について

6月の誕生石ムーンストーンについて

6月の誕生石その2・真珠(パール)について

6月の誕生石その3・アレキサンドライト

7月の誕生石ルビーについて

7月の誕生石その2・スフェーンについて

8月の誕生石ペリドットについて

9月の誕生石サファイアについて

10月の誕生石オパールについて

10月の誕生石その2・トルマリンについて

11月の誕生石トパーズについて

11月の誕生石その2・シトリンについて

12月の誕生石タンザナイトについて

12月の誕生石その2・ターコイズについて

12月の誕生石その3・ラピスラズリについて

誕生石の由来

国ごとの誕生石について

【フランスの誕生石】説明と要注意点!!

新誕生石・63年ぶりに改訂!

 

 

________________

結婚指輪・婚約指輪・オーダーメイド

St.Maria(サンタマリア)

*一組様ごとの予約制

*専用駐車場有

*ジュエリー全般制作可

東京都江戸川区北小岩8-11-11

OPEN:10:00~19:00 /火曜休

TEL: 03-5876-7030

MAIL:お問い合わせはこちらから






ブログ一覧を見る

アトリエ予約

空きスケジュールを見る

03-5876-7030
(10:00〜19:00)

LINEで気軽に相談

チャットで気軽に相談

電話でお問い合わせ

お気軽にお電話

03-5876-7030
(10:00〜19:00)